使わなくても持っているだけで安心『イブA錠』

奈良県在住「GeorgeKun」様(32歳、男性)からの体験談です。

イブA錠は頭が痛くなった時だけでなく、喉が痛い時によく服用していますが、それなりに効果があると思います。
寒気がする時に飲んだ時は一発で寒気が吹き飛ぶぐらいだと思いますし、持続効果というより根本的に寒気が治るくらいまで効果があると思います。

自分は偏頭痛持ちで単純に頭痛薬として利用して10年ほどになりますが、やはり服用し続けたせいか効果がすぐに出ない場合が多々あります。
ただ出かける時にカバンなどにイブを2錠1回分だけでも忍ばせておくと精神的に安心出来ますし、その精神的安心感が頭痛が起きないという関連もあると思っています。
薬局でも簡単に購入する事が出来る上にそれほど価格は高くないので無くなっても気軽に手に入れる事が出来ます。

個人的に飲み方について意識している事は箱や説明書にも書いている通り、食べ物を食べて胃に何か入った状態でイブを飲んだ方が絶対に良いです。
何も食べずにイブを飲むと本当に胃が荒れます。
自分はそれで胃が荒れて、2回ほど下血した事があります。
効果自体はあるから良いのではなく、
その辺の注意事項も含めて服用して初めて効果が発揮されるものだと思います。
簡単に飲めてしまうだけに気を付けたい事ですね。
あとは薬が効いてくると眠気が襲ってくる事もよくあります。
また自分は車などを運転しないので特に気にしませんが、乗り物を運転される場合は注意が必要だと思います。
運転する時に頭痛がして集中出来ない、薬の副作用で眠気があって集中出来ない、このジレンマが薬を飲むタイミングとして難しいところだと思います。
運転などをしないといけない場合は仕方ありませんが、家などでイブを飲んだ場合は起きているより寝てしまった方がよく効果が表れると思います。

イブを飲んでから寝て起きたら辛い頭痛が治っているというのは本当に気持ちが良いものです。
10年間イブを服用し続けて感じた事は頭が痛くなりそう、と前兆の時に飲むより、本当に頭が痛くなってから飲んだ方が効果があるように思いました。
でも、イブのお蔭で安心して外出したり家で過ごす事が出来ているのは確かです。
自分にとっては頭痛薬としてだけでなく「飲まなくてもいい精神安定剤」として大活躍です。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

注目のページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ