安価な物が大好きです。

私は物自体の価格が高い物が、必ずしも良いという認識はありません。
壊れてしまって、再び手に入りやすいかどうかが一番のポイントだと思っています。

洋服は洗濯を何度もしているうちに生地がヨレヨレになってきたり、
汗染みで変色してきたり、劣化が他の製品に比べて早いと思うので、
安い物を買って、すぐに代用になる物を手に入れられれば、お店が自分のワードローブにもなります。

今はファストファッションが流行っていて、そのうちの一つのユニクロは本当に良い品質で、
尚且つ安いのが凄く気に入っています。
お店も色んな所に構えているので、自分のワードローブが至る所にある気がして良い気分です。

綿100%のシャツは安いけど、洗濯を何度しても質感はしっかりしていて、
むしろくたびれた感じが雰囲気が出ていて良いですし、着心地も何度か洗ってしまった後の方が良いです。
色やサイズの種類も豊富でデザインもシンプルなので、自分の体型や流行の変化にもちゃんと対応してくれていて、
ついつい服屋さんに行くなら、ユニクロへ行ってしまいます。

それに洋服って外に着ていくと何があって汚れてしまうかわからないですし、それは家にいても然りです。
何かのハプニングで誰かに服を汚されてしまって、高価な物だったら怒りが出てきますが、
安価な物だと理性が利いてもっと冷静に対処出来ると思うのです。

何か災害があった時も高価な洋服を持っていける余裕なんてありませんし、
持っていけずに着られなくなったというのがほとんどだと思うのです。
日本なら特にそうゆう事が多いので、服は安価で扱いやすく気軽に使えるっていうのが一番だと思います。
もしかしたら洋服に限らず、他の物に関しても高価な物を持つ必要などほとんどないのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ