慢性副鼻腔炎で3年間シングレアを服用《シングレア錠10》

千葉県在住「よしい」様(28歳、女性)からの体験談です。

私は現在シングレア錠10という飲み薬を飲んでいます。
これはアレルギー性鼻炎や気管支喘息を抑える薬だそうです。
私は耳鼻科で処方されています。

私は子どもの頃からほこりアレルギーでして鼻炎のため、子どもの頃から頻繁に耳鼻科に通っていました。
大人になって、一旦鼻炎は落ち着いたと思ったのですが、今思うと、あまり治ってはいませんでしたね。
中学や高校の試験中など、鼻が垂れてきたのにティッシュがなくて困ったりとか大学生の頃はゼミの先生に「鼻声だね」と言われたりだとかそういうことがありましたから。

でも自分では子どものころからの症状なので完全に慣れきって「こんなもんだろ」というような感じで全く気にしていませんでした。
私は喘息もあるのですが、喘息でぜいぜい苦しい時はさすがに医者にかかろうと思いますが多少鼻の調子が悪くても、放置してしまいがちになるのです。

就職したころには徐々に嗅覚もやられてましてある時会社に体臭がかなり強い男性が中途採用で入社してきたのですがその人の臭いに私だけ気づいていませんでした。
そして23歳の時、完全に嗅覚がなくなりました。
そこから私はなんと、2年間もそのまま放置してしまいまして…。
25歳で耳鼻科にかかった時にはアレルギー性鼻炎を通り越して「慢性副鼻腔炎」と診断されてしまいました。
CTの画像を見て症状がひどすぎて先生もびっくりしていました。
「老人並の症状だね。」と。
そこから、服薬治療によって嗅覚は100%ではないですが回復してきました。

シングレア錠は3年間ずっと飲んでいますね。
飲んだ感触としては特に副作用もなく効いてるのか効いていないのかわからない感じです。
しかし、レントゲンの結果などを見ると、効いているようです。
鼻の入り口付近がスカッと良くなる感じというよりは指が届かないようなもっと奥のほうに作用しているようですし、実際先生もそのようにおっしゃっていました。

1日1回、寝る前に飲んでいますが飲み忘れないように薬のシートに油性ペンで日付の数字を書くようにしていますね。
「あれ?今日はもう飲んだっけ?」と思ってたくさん飲み過ぎてもいけませんし、飲み忘れてもいけませんから。
日付を書いておけば安心です。

3ヶ月ほど、タリオンやザイザル錠に変えてみたこともあるのですがレントゲンの結果が悪くなり嗅覚も鈍ってきてしまいましたのでシングレアでないと駄目なようです。

だいぶ良くなった時期もあり薬を止めて様子を見たこともあったのですが1~2ヶ月でまた鼻水と嗅覚障害が出てきます。
そしてシングレアをコツコツ服用すると嗅覚が回復してくるという感じです。
この病気とは、長い付き合いになりそうです。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ