よくよく考えてみれば条例も良し悪し

先日、ニュースを見ていたら「校長や教頭がこっそり喫煙」という見出しで報道されている記事がありました。

どうやら兵庫県では条例のほうで学校内での喫煙を禁止しているそうですが、それを破って密かに「たばこ部屋」という喫煙所を設けて吸っていたとか。臨時講師や校務員も利用していたそうですが、それを喫煙市教育委員会が口頭注意したそうです。

私はこれを聞いてちょっと世知辛い世の中だなと溜息を吐いてしまいした。ほんと相変わらず喫煙者にとっては大変ですね。私はまったく煙草を吸いませんけど、吸う権利というか自由を根こそぎ奪うというのもどうなんでしょう。これが例えば煙草に限らず、自分の好きなものが全面禁止されたらと思うと同情せずにはいられません。

もちろん、これは日本全国というわけじゃなく一部の県、今回は兵庫県にそういう条例があるのなら従うべきでしょうけど、この校長がおっしゃっているように別にまったく無視して吸っていたわけじゃない。校門の前というか生徒の前で吸わない配慮はしていたわけですし、ある程度の息抜きができるスペースぐらいは確保してあげても良かったんじゃないのかな。

学校内での喫煙が禁止されているということは、吸うためには学校の外に出なければならない。わざわざ校外に出向かないと煙草の一本も吸えないなんて逆に業務に支障をきたすかもしれない。それで条例を守って校門の前で吸うのと、たばこ部屋を設けてこっそり吸うのと果たしてどっちが生徒たちに配慮した喫煙行為なんだろうなあ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ