脱法ハーブって何でしょうか

つい先日、またもや脱法ハーブを吸引した運転により歩行者を死傷させたという事件がありました。
事故後の容疑者の映像がニュースで映っておりましたが、よだれをたらし意識朦朧という様子でした。
案の定運転した際の記憶はないそうです。

そして何より許せないのは、運転者が自分の命は惜しいという感じでシートベルトを着用していたことです。
もちろんシートベルトの着用は運転するものの義務ですが、意識朦朧として運転し、他者を死傷させておいて、自分はシートベルトにて生きているということがなんか嫌でした。

脱法ハーブを黙認してきた政府・警察の対応も遅かったと思います。
販売するほうは違反としておきながら、所持・使用しているものは罰せられないという状況が、多量の脱法ハーブ依存者を生んでしまったと思います。

てんかんなどの病気を患っていて運転していたために事故が起こったことに対しては、比較的早く対応されたと思いますが、過去に何度も同じような脱法ハーブの事故があったにもかかわらず、だいぶ放任されたと思います。
警察のほうでは、やっと脱法ハーブという名称が、法律に違反していないハーブというイメージを払拭するために、脱法という言葉や、ハーブという言葉を使わない、脱法ハーブに換わる名称を募集されていると聞きます。

本当に脱法などというと、法律に違反していないと受け取って、若者を中心にファッションとしてはびこってしまうと思います。
誰がつけたのかわからないが、それを命名した人及びそれを広めてきたマスコミにも原因があると思います。
今後も同じようなものが出てその繰り返しとなるでしょうが、今回の事件をきっかけに、マスコミもその広め方を考えて欲しいと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ