花粉症に効く薬『アレグラ』

寒い寒い冬がやっと終わり、心待ちにしていた季節、春がもうすぐそこまでやってきます。
草木が芽吹き、桜も咲き始めるこの時期にいつも悩まされることがあります。
そうです、花粉症という悪魔も張るの訪れとともにやってくるのです。
これまで二十何年間花粉症とは無縁だった私もとうとうおととしから、花粉症の魔の手に落ちてしまったのです。

鼻水がだらだらとめどなく流れ、目はかゆいし、ひどい日には頭まで痛くなる始末。
それまで花粉症の人ってそんなに大変なの~?と人事のように接してきてまさか自分がこんなことになるなんて夢にも思っていませんでした。
今年も先々週くらいからなにやら鼻がむずむずしだして、怪しい雲行きを感じておりましたが先週ついに確信しました。
もしかしたら今年は花粉症にかからないんじゃないか、ひょっとしたら花粉症がいつのまにか治っているんじゃないかという淡い期待は無残にも打ち砕かれたのです。
外出時にはマスクに花粉症メガネまで装備して出かけているにもかかわらず、症状はどんどんひどくなるばかり。
いい加減これじゃあ何も手がつかないと思い、今まで薬の力を借りることを良しとしなかった私もついに意を決して薬に頼ることにしました。
花粉症の薬といっても種類はいろいろ。
何がいいか迷っていたところ、同じく花粉症に悩んでいた母親からアレグラを紹介してもらいました。

テレビのCMでも話題になっていたので、興味もあったし、ちょうどいいやと思いさっそく薬局にてアレグラを探しました。
この時期は花粉症で悩んでいる人たちで耳鼻科は何時間も待たなきゃいけないということも聞いていましたので、忙しい私も市販で買えるアレグラに大助かりです。
それでも一応薬剤師の許可が必要な薬なようでしたが、薬局で簡単な問診の上、無事に買うことができました。

アレグラの効果は2,3日もしてすぐに出てきました。
それまで悩まされていた症状がすっかり緩和されたのです。

一応薬なので空腹時や、車の運転前に飲むことは避けるようにしました。
アレグラを飲むことで鼻のむずむずは若干あるものの、目のかゆみや頭痛もすっかり治ったように思います。

特に副作用もないので、花粉が猛威を振るう季節の間はアレグラにお世話になりたいと思います。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ